メインイメージ画像

山ほどある生命保険!

どのような人でも、せっかく生命保険を使うならば、評判の高いプランにしたいでしょう。生命保険には山ほどプランがあるので、その中からその人に適した保険を見つけ出すのはやさしくはありません。その場合活用したいのが、ネットの経験談です。最近では、あらゆる保険会社から評判の良い保険を抜き出して、その細かい保険内容を比べるホームページも用意されているので、それらを利用して、条件に合った保険を決定する、というのも良いかもしれません。

また、手っ取り早く誰かに相談して、合う保険を選択してもらいたい、ということであれば、保険会社に属さない平等な立場で、ファイナンシャルプランナーがその人のケースに合わせて、保険を選んでくれるというシステムもあるようです。

生涯で家に続いて高いとされている生命保険は、なるべく賢く使って、わずかでも手元に保険金が返還されれば満足ですよね。保険は、掛け捨てと積立の2種類がありますが、どちらがより、お得かわかりますか?まず、掛け捨てはその字の通り、解約後も保険料は戻りませんが、保障内容にポイントをおいた保険なので、比較的低い掛け金で高い保障を約束されることが利点ではないでしょうか。他方、積立保険は、解約時に、ある程度のお金が返還される保険で、貯蓄保険とも呼ばれています。

イメージ画像

積立保険というと、毎月のお金は掛け捨てに対して高くなるにちがいありませんが、貯蓄性ということは、貯蓄しながら一方では保険も付帯している、と考えることができますよね。

もしものときのためにと生命保険を契約する人は沢山いるでしょうが、中には資産運用を目的として保険を契約する人もいるはずです。
それが、貯蓄型保険と言われる保険で、そのプランは多いのですが、ことに死亡保険がある終身保険は、貯蓄をしながら、万が一の時に準備したい、という人に人気があるようです。

また、生命保険は相続税対策にも使え、決められた額の死亡保険金は課税対象外と考えられ、節税法にもなります。預金として金融機関に預けているお金には相続税が課せられてくるのですが、保険金で支払われる現金には相続税はかからない、となります。このように、生命保険はとても有益な資産運用として、活用することが可能と言えるのではないでしょうか。